キラッと輝いて周りと差をつける美しさ|大人の女性である40代の為の基礎化粧品

ニキビ改善後のトラブル

顔の手入れ

気を付けたい症状とは

ニキビが改善された後の症状として気を付けたいのが赤みです。赤みのあるニキビ跡は比較的軽い症状ではありますが、放っておくと色素沈着を起こすこともあります。赤みが現れるのはお肌からのシグナルであり、早めにケアを行わなければなりません。同じような赤みのあるニキビ跡であっても現れる症状には個人差があり、痛みが全くないものやニキビ跡に見えないもの、炎症を起こしていて内部まで傷がついているものがあります。改善するには、ビタミンC誘導体やイオン導入が効果的です。メラニンが新たに生成されないようにしたり、代謝を高めて肌細胞の生まれ変わりを促進させることで、問題のある肌細胞を少しずつ減らしていくことができます。

原因として考えられること

衛生面に問題を抱えていたり赤ニキビを放置してしまうと、赤みのあるニキビ跡が残ってしまいます。特に毛穴が汚れているとアクネ菌をはじめとした雑菌の温床になってしまいますので、ニキビのできやすい状態になりますし、跡も残ってしまいます。肌を衛生的に保つには、しっかりと洗顔を行わなければなりません。メイクを落とさないで寝てしまうことは言語道断であり、毛穴の奥深くまで入り込んだ皮脂や汚れまで落とすように洗わなければなりません。赤ニキビができている時には炎症を起こしている最中ですので、洗顔もできるだけ負担をかけずに行う必要があります。ですから弱酸性の洗顔剤でキメの細かな泡を作り、力を入れないようにして泡で汚れを吸着します。